自宅での血圧測定とは|自宅で血圧を測る意味・正確性を医師が解説

監修者

【監修】谷田部 淳一

チーフメディカルディレクター・ 医師・医学博士

血圧測定

自宅で血圧を測り始めるきっかけとなるのが、健康診断など医療機関での血圧測定の結果。
これまで自宅で血圧を測ったことのない人は、

「自分が測る血圧って、本当に正確なの?」
「病院で測ってもらうほうが、いいのでは?」

と思われることでしょう。

しかし、家で測る血圧というものが、血圧ケアにとってとても重要なのです。
今回は、自宅で血圧を測る意味と重要性について、ご説明します。

1.実は医療機関で測る血圧よりも正しかった、自宅での血圧

 1-1.健康診断で、血圧が高かった。これって、高血圧?


健康診断の結果で血圧の数値が高かったからといって、1回の測定で高血圧だと断定することはできません。

血圧の数値は、測ったそのときの状況や、1日のなかでも測る時間によって変わるものなのです。まして、年に1回の健康診断の際に測った数値から、高血圧だという診断をくだすことはできないのです。逆に、血圧値が正常だとしても、必ずしも安心することができないのが血圧なのです。

高血圧の多くは、日常の生活習慣や加齢によって起こるものです。早めの予防や改善するために大切な血圧ケア。その要になるのが、自宅での血圧測定なのです。

1-2.医者から、自宅で血圧を測るようにいわれた。でも、自分で測る血圧で大丈夫なの?

確かに、医療機関での測定してもらうほうが、安心感はありますよね。しかし、高血圧の心配があって医師の診察を受ければ、必ずいわれるのが、「家で血圧を測って、記録してください」ということ。それはなぜでしょうか。

さまざまな影響で数値が変わりやすい血圧値を正しく知るためには、家庭で測る血圧値が重要なデータになるからです。測るたびに数値が変わるなら、測る意味がないような気がするかもしれません。しかし、その変化を記録することが大切なのです。

家庭用血圧計の精度は、進化しています。ですから、自宅で測った血圧の数値は、信頼に値するものなのです。血圧値に心配なことがあるのなら、ぜひ自宅での血圧測定を習慣化してください。

2.気になる血圧の数値。自宅で測る血圧は、どこがボーダーライン?

2-1. 実は判断基準が違っていた!家庭血圧と診療室血圧での高血圧ボーダーラインの違いとは?

高血圧という診断は、測定数値によって判断されます。でも、自宅で測る家庭血圧と、医療機関等で測る診療室血圧では、高血圧の判断数値が違うということをご存じですか。

病院で測る血圧値は140以上、家庭での血圧値では135以上で、高血圧と診断。数値に差があるのは、測定環境の違いを加味してのことです。血圧値は、以下の表のように分類されますので、参考にしてください。


出典:一般向け「高血圧治療ガイドライン2019」解説冊子(特定非営利活動法人日本高血圧学会)

2-2. 自宅で測ると低い。だからといって安心してはいられません。


医療機関での血圧測定が高血圧を示しても、自宅で測ると低い。これを、「白衣高血圧」といいます。

病院などで医者や看護師の白衣姿を見るとドキドキしてしまうことってありませんか。病気かどうかを調べにいっているのですから、それも仕方ありませんよね。血圧は、こうしたドキドキ感にも反応してしまうものなのです。

医療機関で高血圧の数値が出れば、医師は何らかの処置をほどこすことになります。また、高値血圧であれば、生活習慣などの指導があると思います。でも、自宅で測る血圧は、病院で測った血圧よりも低い。とはいえ、安心はできません。

特に、高値血圧の人は、立派な高血圧予備軍。正常血圧や正常高値血圧であっても、いつ変化が現われるか分かりません。高血圧は、顕著な症状がありません。それが分かるのはまず、血圧測定からなのです。

よく、医療機関では高くでも、家では低いからといって、処方された薬を飲むことや通院をやめてしまう人がいますが、その判断は医師に委ねるのが賢い選択。その判断材料になるのが、家での血圧測定なのです。

2-3. 医療機関で測ると低いのに、家で測ると高いのはなぜ?

医療機関では低いのに、家で測ると高いという逆パターン。これを「仮面高血圧」と呼びます。別名「隠れ高血圧」といわれるように、医療機関では治療をほどこすほどの数値ではない正常値であれば、薬の処方も通院も求められることはないように、医療機関で低ければ治療方針も変わります。ゆえに、とてもこわい状況にあるのです。

では、なぜ家で測るほうが高いことがあるのでしょうか

一例として挙げられるのは、仮面高血圧の人は、すでに降圧剤を飲んでいる人も多いという報告があることです。つまり、処方された薬の効果にムラがあることなどが一因となっているのです。

例えば、起床後に血圧を測り、その後、朝食をとって、薬を飲むのは普通のルーティーンです。その薬効のある間に医療機関を受診して、血圧を測れば、家で測った数値よりも低く出るのは当然のことだといえます。薬の効果にムラがあるのであれば、医師はそこで投薬タイミングを変えたりや薬量を増やすなどの対策を考えることができます。その指針となるのが、自宅での血圧測定の記録なのです。

また、仮面高血圧は、高血圧の治療中の場合以外にも、喫煙、運動不足、アルコールの多量摂取などの生活習慣、肥満や、糖尿病などの合併症が原因となります。

医療機関で測る血圧が、高いにしても、低いにしても、医師が自宅での血圧測定をすすめるのは、その人の本当の血圧を知るために必要だからです。ぜひ、自宅の血圧測定を、健康管理の一環として取り入れましょう。


出典:一般向け「高血圧治療ガイドライン2019」解説冊子(特定非営利活動法人日本高血圧学会)

3.測るなら、正しい数値を知りたい。自宅で血圧を測る際のポイントは?

3-1.同じタイミング・同じ環境で測ること。

自宅の血圧で正しい数値を記録するポイントは、毎日、同じタイミングに同じ環境で測ることです。朝なら、起床後の1時間以内に、排尿してから、朝食や薬の前に。夜ならば、夕食や入浴を済ませた就寝前に。

測る環境を一定にすることも大切です。朝方や寝る前に寒いと感じる寝室よりも、快適に過ごせるリビングなどがおすすめ。自宅での血圧測定が推奨される理由は、毎日同じ条件下で測ることが可能だからです。ゆえに、診療室血圧よりも、家庭血圧が正確だとされるのです。

3-2.血圧計を正しく使うこと。

血圧測定
血圧計を正しく使うポイントで重要なのは、どのようなタイプでも、腕帯と呼ばれるカフの位置を、心臓と合わせることです。また、測るときには椅子に腰かけ、両足は床につけ、リラックスして測るようにしましょう。正しい使い方も、自宅での血圧測定の精度を上げるには、大切な要素です。

3-3.家庭用血圧計の種類と選び方。

 家庭用血圧計には、以下のタイプがあります。

1)上腕式血圧計
上腕にカフを巻きつけて測るタイプのものです。測定値の正確さから、日本高血圧学会で推奨されています。チューブ付なので扱いにくいという人もいますが、最近ではチューブレスのものも普及しています。

2)手首式血圧計
家庭用の血圧計としてはおなじみのタイプです。小型なので場所をとらず、その手軽さから人気があります。正確性に関しては、測る際の腕の位置を自分で調整する必要があるため、上腕式より低下する可能性があります。

3)上腕式全自動血圧計
腕を差し込むだけで測れるタイプです。簡単に測れますが、大きさがあるため置き場所を選んでしまうのが難点。置き場所がきまるのなら、いつでもその場所で測ることになるので、一定条件下での測定にはメリットもあります。しかし、腕を差し込むという不自然な姿勢になってしまうことから、本当の血圧よりもやや高い測定値が出やすいことに注意が必要です。

このほかにも、最近ではさまざまな健康管理に役立つ腕時計式のウェアラブル血圧計も普及しています。

自宅での血圧測定は、毎日測ることが大切。そのためには、自分にとって使いやすいものを選ぶのもポイント。血圧計の機能も進化していますが、多数のチョイスのなかから機能面で押さえたいポイントは2つあります。

血圧計を選ぶ際のポイント

正しく装着されているかを知らせるアラート機能
例えば、手首式でもカフの巻き方にゆるみなどがあると、測定しても、その測定値にエラーがでることがあります。そうなれば、もう一度測り直すことになります。装着時に、カフの巻き方や位置が正しいかどうかを知らせるアラート機能がついているものならば、測る前に正しく装着されているかどうかわかります。

測った血圧値の管理に役立つ通信機能
新たに購入するならBluetooth通信機能がついた機種を選ぶのがおすすめです。

血圧測定は、測っておしまいではありません。その結果がよくても、悪くても、測った数値を日々記録することで、初めてその意味が深まるのです。

血圧は測っても、記録して残しておくことに関しては、つい面倒で、途中でやめてしまうことも多々あります。年始だけはモチベーションが高い日記と一緒ですよね。血圧の記録も同じです。医師に測るようにいわれた当初は、がんばって記録しても、安定していれば「もういいや」と思いがちなのです。

そんな面倒を解消してくれるのが通信機能なのです。今は、アプリやオンライン診療で、測った測定値を自動的に記録して、グラフ化することもできます。

4.血圧測定のその先にある安心は、オンラインの血圧管理で。

測った後の血圧管理が面倒という人におすすめなのが、オンラインでの血圧管理です。
高血圧イーメディカルなら、血圧を測るだけで、こんなに便利に血圧ケアができます。

  1. 専用の血圧計を無料貸与。オムロン社製のBluetooth搭載高性能な血圧計をお家までお届けします。
  2. 毎日測った血圧をBluetooth機能で自動送信。高血圧イーメディカルで記録管理します。
  3. 記録された血圧値は、専属医療チームモニタリング。状況に応じて適切なアドバイスを行います
  4. お薬が必要な方にはオンラインで診療し、薬を処方。薬はご自宅にお届けするので、通院の手間がはぶけます
  5. 定額制なので毎月の支払いも安心。モニタリングだけで診療・処方不要の方はさらに低額で管理できます。

いかがでしょうか。
血圧管理で一番面倒なのが、測ることよりも、測った後の血圧値の管理なのです。
ぜひ、オンラインのメリットを、血圧ケアに役立てましょう。

 

 

5.まとめ


自宅で血圧測定をする意味や重要性についてご理解いただけたでしょうか。医療機関で測る血圧値と、自宅で測る血圧値には差があること。だからこそ、自宅での血圧測定は重要な意味を持つのです。それは、医療機関での結果が高くても、低くても同じこと。

いつも違う状況で測る医療機関での血圧測定よりも、毎日測る自宅での血圧値のほうが信頼度が高く、それが医師にとっても、的確な治療方針の重要なデータにもなるのです。

自宅でも、血圧計を正しく使えれば、「家で測った血圧って、本当に大丈夫なの?」という心配もありません。
家庭での血圧測定で得た数値こそ、今のあなたの血圧状態。ぜひ、血圧ケアの要となる自宅での血圧測定を習慣化してください。

血圧に関する不安がある方、計測したデータの管理までしっかりと考えたい方は是非、高血圧イーメディカルにご相談ください。

高血圧イーメディカルは、高血圧に特化したオンライン
診療サービスです。
あなたの血圧データを見守り、
医師が診断、薬は自宅へお届けします。

オンライン
診療

通院不要※1

画像

血圧を専門家が
見守り、
アドバイス

画像

薬は
ご自宅
まで
郵送※2

画像

保険適用で
初診から
オンラインで
受診可能※3

画像

血圧計が無料

入会で血圧計を無料貸与
12ヶ月以上ご利用の場合、
返却の必要はありません。

つまり…

高血圧治療に、
新しい「便利」と「安心」が
得られます。

まずは、無料相談。
最短翌日(6〜23時の空き枠から)
相談・診療可

医師があなたに合った高血圧ケアをアドバイス

高血圧や健康に関する情報
を受け取りたい方

※1医師の判断により、オンライン診療を行えない場合もあります。

※2アムロジピン(アムロジン、ノルバスク)、ニフェジピン(アダラートCR)、配合剤(例:アムバロ、テラムロ、カムシア、イルアミクス)など

※3金額の詳細はこちら。

まずは、無料相談。
最短翌日(6〜23時の空き枠から)相談・診療可