谷田部 淳一

チーフメディカルディレクター・ 医師・医学博士

谷田部 淳一

ご挨拶

20年にわたって高血圧診療・研究に心血を注いで来ました。しかし、十分な医療が必要な方に届いていない現状を変えたいという気持ちがは強くなる一方でした。高血圧の専門家として多くのノウハウを投入した高血圧e-メディカルは、デジタル新時代にふさわしいサービスです。高血圧とその合併症を防ぎ、健康で幸せな人生の伴走者としてあなたに寄り添います。

学歴
2001年4月 -
2008年3月
福島県立医科大学大学院 医学研究科
1993年4月 -
1999年3月
福島県立医科大学 医学部
経歴
2021年 -
現在
イーメディカルジャパン株式会社 チーフメディカルディレクター
2018年 -
現在
一般社団法人テレメディーズ 代表理事
2015年 -
現在
福島県立医科大学腎臓高血圧内科 博士研究員
2017年 -
2020年
東京女子医科大学医学部高血圧・内分泌内科 講師
2016年 -
2017年
東京女子医科大学医学部高血圧・内分泌内科 准講師
2015年 -
2016年
東京女子医科大学医学部高血圧・内分泌内科 助教
2013年 -
2015年
福島県立医科大学医学部医学科慢性腎臓病(CKD)病態治療学講座 兼務 薬理学講座 兼務 腎臓高血圧・糖尿病内分泌代謝内科学講座 助教
2011年 -
2013年
福島県立医科大学医学部医学科薬理学講座 兼務 腎臓高血圧・糖尿病内分泌代謝内科学講座 助教(学内講師)
2008年 -
2011年
福島県厚生農業協同組合連合会高田厚生病院(内科医長兼務栄養科科長)
2005年 -
2007年
福島県立医科大学付属病院第3内科(診療医)
2002年 -
2005年
University of Virginia, Health Science Center, Department of Pathology, Medical Automation Research Center留学、Research Associate
2001年 -
2002年
福島県立医科大学付属病院第3内科(診療医)
2000年 -
2001年
(財)星総合病院(内科医員)
1999年 -
2000年
福島県立医科大学第3内科 研修医
免許、資格等
医師免許取得
博士(医学)
日本内科学会認定内科医
日本高血圧学会特別正会員
日本高血圧学会認定専門医・指導医
日本内分泌学会認定内分泌代謝科専門医・指導医
所属医局・学会
日本内科学会
日本糖尿病学会
日本内分泌学会(評議員)
日本高血圧学会(評議員)
アメリカ心臓病会議(American Heart Association)
アメリカ腎臓病学会(American Society of Nephrology)
日本腎臓学会(評議員)
日本薬理学会(評議員)
論文・学会発表【邦文誌】
【COVID-19と循環器-関連する循環器疾患から診療まで-】診る COVID-19感染下においてtelemedicineは有効か?
Author:谷田部 淳一(テレメディーズ)
Source:Heart View(1342-6591)25巻8号 Page729-736(2021.08)
【ウェアラブルデバイスとアンチエイジング】日常的アンチエイジングに利用可能な高血圧関連ウェアラブルデバイス
Author:谷田部 淳一(テレメディーズ)
Source:アンチ・エイジング医学(1880-1579)17巻1号 Page026-030(2021.02)
【来たるべくデジタルヘルスケア革命-乗り遅れるな腎臓病学!-】デジタルヘルスケアの医療活用の取り組み 遠隔医療 家庭血圧テレモニタリングサービスとその応用
Author:谷田部 淳一(テレメディーズ)
Source:腎と透析(0385-2156)90巻2号 Page179-183(2021.02)
カンパニオ2020 高血圧予防に減塩を うそはうそであると見抜ける人でないとむずかしい
Author:谷田部 淳一(テレメディーズ)
Source:糖尿病ケア(1348-9968)17巻10号 Page999(2020.10)
カンパニオ2020 高血圧予防に減塩を 勝利へ向かって「B(美イ)DASH」
Author:谷田部 淳一(テレメディーズ)
Source:糖尿病ケア(1348-9968)17巻12号 Page1193(2020.12)
カンパニオ2020 高血圧予防に減塩を 高血圧と新型コロナウイルス感染症
Author:谷田部 淳一(テレメディーズ)
Source:糖尿病ケア(1348-9968)17巻8号 Page799(2020.08)
カンパニオ2020 高血圧予防に減塩を 125/75mmHg未満はつらいよ
Author:谷田部 淳一(テレメディーズ)
Source:糖尿病ケア(1348-9968)17巻6号 Page591(2020.06)
カンパニオ2020 高血圧予防に減塩を 安全はとれる塩分とらない勇気
Author:谷田部 淳一(テレメディーズ)
Source:糖尿病ケア(1348-9968)17巻4号 Page391(2020.04)
カンパニオ2020 高血圧予防に減塩を ボーっと塩食って生きてます?
Author:谷田部 淳一(テレメディーズ)
Source:糖尿病ケア(1348-9968)17巻2号 Page191(2020.02)
【妊娠高血圧症候群-PIHからHDPへ】妊娠高血圧症候群の発症原因 (プロ)レニン受容体
Author:市原 淳弘(東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科), 谷田部 緑, 谷田部 淳一
Source:産科と婦人科(0386-9792)86巻2号 Page195-200(2019.02)
病気のはなし クッシング症候群
Author:山下 薫(東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科), 谷田部 淳一, 市原 淳弘
Source:検査と技術(0301-2611)46巻12号 Page1306-1312(2018.12)
【新時代到来を予感させる循環器遠隔医療】治す 家庭血圧テレモニタリングを基本とした高血圧遠隔医療の現状と課題
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科), 市原 淳弘
Source:Heart View(1342-6591)22巻13号 Page1177-1183(2018.12)
【高血圧:エビデンスと推奨-日常診療への提言】テクノロジーと治療の進歩 ICTと血圧管理
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科), 谷田部 緑, 市原 淳弘
Source:腎と透析(0385-2156)85巻2号 Page302-307(2018.08)
【高血圧の先制医療】遠隔テレモニタリング技術を活用した高血圧の先制医療
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 内科学(第二)講座), 谷田部 緑, 市原 淳弘
Source:Medical Science Digest(1347-4340)44巻5号 Page260-263(2018.05)
【エキスパートに聞く 合併症妊娠のすべて-妊娠前からのトータルケア】高血圧
Author:谷田部 緑(東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科), 谷田部 淳一, 市原 淳弘
Source:産科と婦人科(0386-9792)85巻5号 Page509-515(2018.05)
【最前線!エビデンスにもとづく高血圧の予防・対策】社員の健康をどう守る?今日からはじめる新しい高血圧対策
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科)
Source:産業保健と看護(2188-7764)9巻2号 Page141-146(2017.03)
【心疾患・高血圧症患者のための今日からできる減塩のコツとそのまま使える食塩6g/dayレシピ】高血圧と食塩の不適切な関係 Salt as the villain of the piece
Author:高野 梢(福島県立医科大学 医学部薬理学講座), 谷田部 緑, 谷田部 淳一
褥瘡対策 栄養マネジメントと褥瘡ケア
Author:谷田部 淳一(福島県立医科大学 医学部薬理学)
Source:難病と在宅ケア(1880-9200)19巻11号 Page60-63(2014.02)
【ミクロとマクロから血管障害をとらえなおす】マクロの観点から 血糖と血圧のクロストーク
Author:谷田部 淳一(JA福島厚生連ヘルスサイエンスリサーチ), 渡辺 毅
Source:Angiotensin Research(1348-8740)8巻1号 Page40-45(2011.01)
【広範囲 血液・尿化学検査免疫学的検査[第7版] その数値をどう読むか】内分泌学的検査 副腎髄質・交感神経系 3、4-ジヒドロキシフェニルアラニン(DOPA)
Author:谷田部 淳一(福島県立医科大学 腎臓高血圧・糖尿病内分泌代謝内科学講座), 眞田 寛啓
Source:日本臨床(0047-1852)68巻増刊7 広範囲血液・尿化学検査 免疫学的検査(4) Page408-411(2010.07)
ロサルタンからロサルタン/ヒドロクロロチアジドへの切り替えが降圧効果と忍容性に与える影響に関する比較研究
Author:谷田部 淳一(JA福島厚生連ヘルスサイエンスリサーチ), 谷田部 緑, 上野 修一, 松井 遵一郎, 渡辺 毅, 眞田 寛啓
Source:Progress in Medicine(0287-3648)29巻9号 Page2261-2267(2009.09)
【高血圧(第4版) 日本における最新の研究動向】基礎編 循環生理活性物質の最新知見 血管作動性物質 生合成、分泌、生理作用 ドーパミン
Author:谷田部 淳一(JA福島厚生連ヘルスサイエンスリサーチ), 谷田部 緑, 眞田 寛啓, 渡辺 毅
Source:日本臨床(0047-1852)67巻増刊6 高血圧(上) Page227-231(2009.10)
高齢者高血圧患者に対するテルミサルタン投与の効果に関する検討
Author:谷田部 淳一(高田厚生病院 内科), 谷田部 緑, 松井 遵一郎, 上野 修一, 木村 純子, 眞田 寛啓
Source:福島県農村医学会雑誌(0911-9426)51巻1号 Page20-24(2009.03)
糖尿病新規発症とBMIとの関連
Author:眞田 寛啓(坂下厚生総合病院 内科), 谷田部 淳一, 谷田部 緑, 米田 実, 栗城 実, 江川 雅巳, 伊藤 信雄, 上野 修一, 松井 遵一郎
Source:福島県農村医学会雑誌(0911-9426)51巻1号 Page17-19(2009.03)
【分子高血圧 最新の進歩】高血圧自然発症ラットにおける腎AT1受容体の役割(AT1受容体アンチセンスオリゴヌクレオシドを用いた検討)
Author:米田 実(福島県立医科大学 第3内科), 眞田 寛啓, 谷田部 淳一, 緑川 早苗, 谷田部 緑, 橋本 重厚, 渡辺 毅
Source:血圧(1340-4598)13巻3号 Page281-284(2006.03)
【広範囲血液・尿化学検査 免疫学的検査 その数値をどう読むか】内分泌学的検査 副腎髄質・交感神経系 3,4-ジヒドロキシフェニルアラニン(DOPA)
Author:谷田部 淳一(福島県立医科大学 医学部第3内科), 眞田 寛啓
Source:日本臨床(0047-1852)63巻増刊8 広範囲血液・尿化学検査 免疫学的検査(4) Page380-383(2005.08)
【高血圧と高血圧性臓器障害 臓器障害の予防と管理】高血圧性臓器障害に関する基礎研究 ドパミン受容体
Author:眞田 寛啓(福島県立医科大学 医学部第3内科), 谷田部 淳一, 佐々木 緑, 渡辺 毅
Source:日本臨床(0047-1852)62巻増刊3 高血圧と高血圧性臓器障害 Page160-163(2004.03)
【分子高血圧 最新の進歩】ドパミンのG蛋白共役型受容体キナーゼタイプ4(GRK4)の阻害が,自然発症高血圧ラットの血圧上昇を抑制する
Author:米田 実(福島県立医科大学 第三内科), 眞田 寛啓, 緑川 早苗, 谷田部 淳一, 橋本 重厚, 渡辺 毅
Source:血圧(1340-4598)10巻3号 Page265-269(2003.03)
論文・学会発表【英文誌】
Efficacy of Telemedicine in Hypertension Care Through Home Blood Pressure Monitoring and Videoconferencing: Randomized Controlled Trial.
Junichi Yatabe, Midori Sasaki Yatabe, Rika Okada, Atsuhiro Ichihara
JMIR cardio 5(2) e27347 2021年8月31日
The current state and future of internet technology-based hypertension management in Japan.
Junichi Yatabe, Midori Sasaki Yatabe, Atsuhiro Ichihara
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 44(3) 276-285 2021年3月
Cosyntropin stimulation in adrenal vein sampling improves the judgment of successful adrenal vein catheterization and outcome prediction for primary aldosteronism.
Midori Yatabe, Kanako Bokuda, Kaoru Yamashita, Satoshi Morimoto, Junichi Yatabe, Yasufumi Seki, Daisuke Watanabe, Satoru Morita, Shuji Sakai, Atsuhiro Ichihara
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 43(10) 1105-1112 2020年10月
Soluble (pro)renin receptor increased by hypoxia maintains oxidative metabolism in trophoblasts.
Chikahito Suda, Junichi Yatabe, Midori Yatabe, Miki Yarita, Atsuhiro Ichihara
Journal of molecular endocrinology 64(3) 145-154 2020年4月
Primary aldosteronism in Klinefelter's syndrome: two cases.
Yasufumi Seki, Satoshi Morimoto, Naohiro Yoshida, Kanako Bokuda, Nobukazu Sasaki, Midori Yatabe, Junichi Yatabe, Daisuke Watanabe, Satoru Morita, Keisuke Hata, Tomoko Yamamoto, Yoji Nagashima, Atsuhiro Ichihara
Endocrinology, diabetes & metabolism case reports 2019 2019年12月16日
ACTH-Dependent Cyclic Cushing Syndrome Triggered by Glucocorticoid Excess Through a Positive-Feedback Mechanism.
Yasufumi Seki, Satoshi Morimoto, Fumiko Saito, Noriyoshi Takano, Shihori Kimura, Kaoru Yamashita, Naohiro Yoshida, Kanako Bokuda, Nobukazu Sasaki, Midori Yatabe, Daisuke Watanabe, Junichi Yatabe, Takashi Ando, Kosaku Amano, Takakazu Kawamata, Atsuhiro Ichihara
The Journal of clinical endocrinology and metabolism 104(5) 1788-1791 2019年5月1日
Fatal Fournier's gangrene caused by Clostridium ramosum in a patient with central diabetes insipidus and insulin-dependent diabetes mellitus: a case report.
Noriyoshi Takano, Midori Sasaki Yatabe, Junichi Yatabe, Masaaki Kato, Daisuke Sueoka, Shigekazu Iguchi, Atsushi Yoshida, Yutaka Uzawa, Ken Kikuchi, Kimitaka Tani, Shinpei Ogawa, Michio Itabashi, Masakazu Yamamoto, Daisuke Watanabe, Takashi Ando, Satoshi Morimoto, Atsuhiro Ichihara
BMC infectious diseases 18(1) 363-363 2018年8月2日
Greater reductions in plasma aldosterone with aliskiren in hypertensive patients with higher soluble (Pro)renin receptor level.
Kanako Bokuda, Satoshi Morimoto, Yasufumi Seki, Midori Yatabe, Daisuke Watanabe, Junichi Yatabe, Takashi Ando, Satoru Shimizu, Hiroshi Itoh, Atsuhiro Ichihara
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 41(6) 435-443 2018年6月
Complete remission of hypertension in a hemodialysis patient after adrenalectomy for primary aldosteronism and renal transplantation.
Daisuke Watanabe, Satoshi Morimoto, Noriyoshi Takano, Shihori Kimura, Yasufumi Seki, Kanako Bokuda, Midori Sasaki-Yatabe, Junichi Yatabe, Hiromi Onizuka, Tomoko Yamamoto, Takashi Ando, Atsuhiro Ichihara
CEN case reports 7(1) 77-82 2018年5月
The rationale and design of reduction of uncontrolled hypertension by Remote Monitoring and Telemedicine (REMOTE) study.
Midori Sasaki Yatabe, Junichi Yatabe, Kei Asayama, Jan A Staessen, Blerim Mujaj, Lutgarde Thijs, Kyotaro Ito, Tomohiro Sonoo, Satoshi Morimoto, Atsuhiro Ichihara
Blood pressure 27(2) 99-105 2018年4月
Prediction of response to medical therapy by serum soluble (pro)renin receptor levels in Graves' disease.
Yuki Mizuguchi, Satoshi Morimoto, Shihori Kimura, Noriyoshi Takano, Kaoru Yamashita, Yasufumi Seki, Kanako Bokuda, Midori Yatabe, Junichi Yatabe, Daisuke Watanabe, Takashi Ando, Atsuhiro Ichihara
PloS one 13(4) e0195464 2018年
Body mass index and contralateral ratio predict outcome following unilateral adrenalectomy in primary aldosteronism.
Kanako Bokuda, Midori Yatabe, Yuki Mizuguchi, Michita Niiyama, Yasufumi Seki, Daisuke Watanabe, Junichi Yatabe, Takashi Ando, Satoshi Morimoto, Atsuhiro Ichihara
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 40(12) 988-993 2017年12月
Urinary Sodium-to-Potassium Ratio Tracks the Changes in Salt Intake during an Experimental Feeding Study Using Standardized Low-Salt and High-Salt Meals among Healthy Japanese Volunteers
Midori Sasaki Yatabe, Toshiyuki Iwahori, Ami Watanabe, Kozue Takano, Hironobu Sanada, Tsuyoshi Watanabe, Atsuhiro Ichihara, Robin A. Felder, Katsuyuki Miura, Hirotsugu Ueshima, Junko Kimura, Junichi Yatabe
NUTRIENTS 9(9) 2017年9月
Effects of room temperature on home blood pressure variations: findings from a long-term observational study in Aizumisato Town.
Junichi Yatabe, Midori Sasaki Yatabe, Satoshi Morimoto, Tsuyoshi Watanabe, Atsuhiro Ichihara
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 40(8) 785-787 2017年8月
Overlap of Post-obstructive Diuresis and Unmasked Diabetes Insipidus in a Case of IgG4-related Retroperitoneal Fibrosis and Tuberoinfundibular Hypophysitis: A Case Report and Review of the Literature
Midori Sasaki Yatabe, Kimio Watanabe, Yoshimitsu Hayashi, Junichi Yatabe, Satoshi Morimoto, Atsuhiro Ichihara, Masaaki Nakayama, Tsuyoshi Watanabe
INTERNAL MEDICINE 56(1) 47-53 2017年
Association between lifestyle-related disorders and visceral fat mass in Japanese males: a hospital based cross-sectional study
Hironobu Sanada, Hirohide Yokokawa, Junichi Yatabe, Scott M. Williams, Robin A. Felder, Pedro A. Jose, Seiichi Takenosita
ENVIRONMENTAL HEALTH AND PREVENTIVE MEDICINE 19(6) 429-435 2014年11月
Characteristic Expressions of GABA Receptors and GABA Producing/Transporting Molecules in Rat Kidney
Kozue Takano, Midori Sasaki Yatabe, Asami Abe, Yu Suzuki, Hironobu Sanada, Tsuyoshi Watanabe, Junko Kimura, Junichi Yatabe
PLOS ONE 9(9) e105835 2014年9月
Hyperglycemia causes cellular senescence via a SGLT2-and p21-dependent pathway in proximal tubules in the early stage of diabetic nephropathy
Kento Kitada, Daisuke Nakano, Hiroyuki Ohsaki, Hirofumi Hitomi, Tohru Minamino, Junichi Yatabe, Robin A. Felder, Hirohito Mori, Tsutomu Masaki, Hiroyuki Kobori, Akira Nishiyama
JOURNAL OF DIABETES AND ITS COMPLICATIONS 28(5) 604-611 2014年9月
Response to Malafarina and colleagues.
Midori S Yatabe, Fumie Taguchi, Izumi Ishida, Atsuko Sato, Toshio Kameda, Shuichi Ueno, Kozue Takano, Tsuyoshi Watanabe, Hironobu Sanada, Junichi Yatabe
Journal of the American Geriatrics Society 62(6) 1210-1 2014年6月
Green Tea Ingestion Greatly Reduces Plasma Concentrations of Nadolol in Healthy Subjects
S. Misaka, J. Yatabe, F. Mueller, K. Takano, K. Kawabe, H. Glaeser, M. S. Yatabe, S. Onoue, J. P. Werba, H. Watanabe, S. Yamada, M. F. Fromm, J. Kimura
CLINICAL PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS 95(4) 432-438 2014年4月
Effects of renal Na+/Ca2+ exchanger 1 inhibitor (SEA0400) treatment on electrolytes, renal function and hemodynamics in rats
Yatabe MS, Yatabe J, Takano K, Sanada H, Kimura J, Watanabe T
Clinical and Experimental Nephrology (4) 585-90 2014年
Common variants of the G protein-coupled receptor type 4 are associated with human essential hypertension and predict the blood pressure response to angiotensin receptor blockade.
Sanada H, Yoneda M, Yatabe J, Williams S, Bartlett J, White M, Gordon L, Felder RA, Eisner GM, Armando I, Jose PA
The Pharmacogenomics J. 2014年
Early detection of colon cancer by amino acid profiling using AminoIndex Technology: a case report
Junichi Yatabe, Midori Sasaki Yatabe, Katsuyuki Ishibashi, Yoshihiro Nozawa, Hironobu Sanada
DIAGNOSTIC PATHOLOGY 8(1) 203-203 2013年12月
Mini nutritional assessment as a useful method of predicting the development of pressure ulcers in elderly inpatients
Midori S. Yatabe, Fumie Taguchi, Izumi Ishida, Atsuko Sato, Toshio Kameda, Shuichi Ueno, Kozue Takano, Tsuyoshi Watanabe, Hironobu Sanada, Junichi Yatabe
Journal of the American Geriatrics Society 61(10) 1698-1704 2013年10月
Multidisciplinary Endeavors to Revitalize Rural Society through Telehealth Solutions in Fukushima
Yatabe J
Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering 51(Supplement) M-156 2013年9月6日
Effects of a high-sodium diet on renal tubule Ca2+ transporter and claudin expression in Wistar-Kyoto rats
Midori Sasaki Yatabe, Junichi Yatabe, Kozue Takano, Yuta Murakami, Rina Sakuta, Sadahiko Abe, Hironobu Sanada, Junko Kimura, Tsuyoshi Watanabe
BMC NEPHROLOGY 13(160) 160-160 2012年12月
Dopamine and Angiotensin Type 2 Receptors Cooperatively Inhibit Sodium Transport in Human Renal Proximal Tubule Cells
John J. Gildea, Xiaoli Wang, Neema Shah, Hanh Tran, Michael Spinosa, Robert Van Sciver, Midori Sasaki, Junichi Yatabe, Robert M. Carey, Pedro A. Jose, Robin A. Felder
HYPERTENSION 60(2) 396-+ 2012年8月
High Body Mass Index is an Important Risk Factor of Developing Type 2 Diabetes
Hironobu Sanada, Hirohide Yokokawa, Minoru Yoneda, Junichi Yatabe, Midori Sasaki Yatabe, Scott M. Williams, Robin A. Felder, Pedro A. Jose
Internal Medicine 51(14) 1821-6 2012年7月15日
Outcomes of Emergency Reduction of Tube Feeding in Hospitalized Elderly Adults During the Aftermath of the Great East Japan Earthquake
Junichi Yatabe, Hironobu Sanada, Fumie Taguchi, Ishida Izumi, Atsuko Sato, Mitsuko Hoshi, Toshio Kameda, Shuichi Ueno, Midori S. Yatabe, Tsuyoshi Watanabe
JOURNAL OF THE AMERICAN GERIATRICS SOCIETY 60(4) 804-805 2012年4月
High Body Mass Index is an Important Risk Factor for the Development of Type 2 Diabetes
Hironobu Sanada, Hirohide Yokokawa, Minoru Yoneda, Junichi Yatabe, Midori Sasaki Yatabe, Scott M. Williams, Robin A. Felder, Pedro A. Jose
INTERNAL MEDICINE 51(14) 1821-1826 2012年
Hypertension-related gene polymorphisms of G-protein-coupled receptor kinase 4 are associated with NT-proBNP concentration in normotensive healthy adults
Junichi Yatabe, Midori S. Yatabe, Minoru Yoneda, Robin A. Felder, Pedro A. Jose, Hironobu Sanada
International Journal of Hypertension 2012 Article ID 806810-806810 2012年
LOWER PLASMA ARGININE IN ENTERAL TUBE-FED PATIENTS WITH PRESSURE ULCER AND IMPROVED PRESSURE ULCER HEALING AFTER ARGININE SUPPLEMENTATION BY ARGINAID WATER
J. Yatabe, F. Saito, I. Ishida, A. Sato, M. Hoshi, K. Suzuki, T. Kameda, S. Ueno, M. S. Yatabe, T. Watanabe, H. Sanada
JOURNAL OF NUTRITION HEALTH & AGING 15(4) 282-286 2011年4月
Angiotensin III Stimulates Aldosterone Secretion from Adrenal Gland Partially via Angiotensin II Type 2 Receptor But Not Angiotensin II Type 1 Receptor
Junichi Yatabe, Minoru Yoneda, Midori S. Yatabe, Tsuyoshi Watanabe, Robin A. Felder, Pedro A. Jose, Hironobu Sanada
ENDOCRINOLOGY 152(4) 1582-1588 2011年4月
Aldosterone/Mineralocorticoid Receptor Stimulation Induces Cellular Senescence in the Kidney
Yu-Yan Fan, Masakazu Kohno, Hirofumi Hitomi, Kento Kitada, Yoshihide Fujisawa, Junichi Yatabe, Midori Yatabe, Robin A. Felder, Hiroyuki Ohsaki, Kazi Rafiq, Shamshad J. Sherajee, Takahisa Noma, Akira Nishiyama, Daisuke Nakano
ENDOCRINOLOGY 152(2) 680-688 2011年2月
Salt sensitivity is associated with insulin resistance, sympathetic overactivity, and decreased suppression of circulating renin activity in lean patients with essential hypertension
Midori S. Yatabe, Junichi Yatabe, Minoru Yoneda, Tsuyoshi Watanabe, Makoto Otsuki, Robin A. Felder, Pedro A. Jose, Hironobu Sanada
AMERICAN JOURNAL OF CLINICAL NUTRITION 92(1) 77-82 2010年7月
Angiotensin II type 1 receptor blocker attenuates the activation of ERK and NADPH oxidase by mechanical strain in mesangial cells in the absence of angiotensin II
Junichi Yatabe, Hironobu Sanada, Midori Sasaki Yatabe, Shigeatsu Hashimoto, Minoru Yoneda, Robin A. Felder, Pedro A. Jose, Tsuyoshi Watanabe
American Journal of Physiology - Renal Physiology 296(5) F1052-F1060 2009年5月
Angiotensin II type 1 receptor blocker attenuates the activation of ERK and NADPH oxidase by mechanical strain in mesangial cells in the absence of angiotensin II
Junichi Yatabe, Hironobu Sanada, Midori Sasaki Yatabe, Shigeatsu Hashimoto, Minoru Yoneda, Robin A. Felder, Pedro A. Jose, Tsuyoshi Watanabe
AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-RENAL PHYSIOLOGY 296(5) F1052-F1060 2009年5月
Effects of Decreased Renal Cortical Expression of G Protein-Coupled Receptor Kinase 4 and Angiotensin Type 1 Receptors in Rats
Junichi Yatabe, Hironobu Sanada, Sanae Midorikawa, Shigeatsu Hashimoto, Tsuyoshi Watanabe, Peter M. Andrews, Ines Armando, Xiaoyan Wang, Robin A. Felder, Pedro A. Jose
HYPERTENSION RESEARCH 31(7) 1455-1464 2008年7月
Amelioration of genetic hypertension by suppression of renal G protein-coupled receptor kinase type 4 expression
H Sanada, J Yatabe, S Midorikawa, T Katoh, S Hashimoto, T Watanabe, J Xu, YJ Luo, XY Wang, CY Zeng, Armando, I, RA Felder, PA Jose
HYPERTENSION 47(6) 1131-1139 2006年6月
Single-nucleotide polymorphisms for diagnosis of salt-sensitive hypertension
H Sanada, J Yatabe, S Midorikawa, S Hashimoto, T Watanabe, JH Moore, MD Ritchie, SM Williams, JC Pezzullo, M Sasaki, GM Eisner, PA Jose, RA Felder
CLINICAL CHEMISTRY 52(3) 352-360 2006年3月
Elevation of serum soluble E- and P-selectin in patients with hypertension is reversed by benidipine, a long-acting calcium channel blocker
F Sanada, S Midorikawa, J Yatabe, MS Yatabe, T Katoh, T Baba, SE Hashimoto, T Watanabe
HYPERTENSION RESEARCH 28(11) 871-878 2005年11月
Differential effects of angiotensin II type-1 receptor antisense oligonucleotides on renal function in spontaneously hypertensive rats
M Yoneda, H Sanada, J Yatabe, S Midorikawa, S Hashimoto, M Sasaki, T Katoh, T Watanabe, PM Andrews, PA Jose, RA Felder
HYPERTENSION 46(1) 58-65 2005年7月
Inhibition of growth hormone excess reduces insulin resistance and ovarian dysfunction in a lean case of polycystic ovary syndrome with a growth-hormone-producing pituitary adenoma
S Hashimoto, J Yatabe, S Midorikawa, H Sanada, T Watanabe
HORMONE RESEARCH 59(3) 149-155 2003年
Direction-independent block of bi-directional Na+/Ca2+ exchange current by KB-R7943 in guinea-pig cardiac myocytes
J Kimura, T Watano, M Kawahara, E Sakai, J Yatabe
BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY 128(5) 969-974 1999年11月
Effects of a novel cardioprotective drug, JTV-519, on membrane currents of guinea pig ventricular myocytes
J Kimura, M Kawahara, E Sakai, J Yatabe, H Nakanishi
JAPANESE JOURNAL OF PHARMACOLOGY 79(3) 275-281 1999年3月
受賞等
次代を創る100人(日経ビジネス)
武田科学振興財団2014年度医学系研究奨励
第55回日本腎臓学会学術集会優秀演題賞
Kidney Frontier 2011 奨励賞
平成22年度福島医学会学術奨励賞
第14回日本病態栄養学会ポスター賞
第9回インテリジェント・コスモス奨励賞
第21回加藤記念国際交流助成
The Kidney and Hypertension 2006 Sendai, Young Investigator Award
ISH (International Society of Hypertension) 2006, JSH award
研究・助成
令和4年度立石科学技術振興財団研究助成(共同研究者)「IoTデータと尿中Na/K比に基づいた心不全再発予防サービスによるPPKの実現」
日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究C)(代表者)「γ-アミノ酪酸(GABA)による水利尿と腎保護の新しいメカニズムの解明」
公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団研究助成(代表者)「食塩摂取による腸管内アミノ酸代謝の違いが体液量調節に及ぼす影響に関する研究」
武田科学振興財団2014年度医学系研究奨励(研究責任者)「腎におけるGABA受容体刺激伝達機構とGABAによる腎保護効果の機序の解明」
平成25年度 先端農業産業化システム実証事業(研究責任者)「先進的な低カリウム化技術による大規模スマート植物工場ビジネスの実証」
A-STEP産学共同促進ステージ ハイリスク挑戦タイプ(復興促進型)(研究責任者)「生活習慣病関連情報基盤と高血圧治療支援システムの開発」
平成25年度立石科学技術振興財団研究助成(研究責任者)「家庭血圧を含むパーソナルヘルスレコードを用いた新しい医療コミュニケーションの試み」
JST復興促進プログラム(マッチング促進)可能性試験(研究責任者)「生活習慣病関連情報基盤と動脈硬化性疾患診療支援システムの開発」
ネスレ栄養科学会議研究助成(代表者)「アミノ酸やその代謝物と、高齢者疾患の関連研究」
公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団研究助成(代表者)「食塩感受性と高血圧の予測に対する、尿中・血漿中アミノグラムの有効性に関する検討」
平成23年度公益財団法人福島県学術教育振興財団助成金(共同研究者)「グリーンITによる地域健康情報基盤の研究」
日本学術振興会科学研究費補助金(若手研究B)(代表者)「腎産生GABAの分泌調節が、高血圧の成因維持に果たす役割の解明」
平成22年度公益財団法人福島県学術教育振興財団助成金(共同研究者)「健康・医療向けセンサーネットワークと健康・医療支援情報基盤の研究」
福島県立医科大学平成22年度研究支援事業(育成研究)(代表者)「尿細管におけるGABA分泌調節と機能の解明‐ナトリウム利尿・高血圧との関連から」
日本褥瘡学会研究助成(共同研究者)「低アミノ酸血症を中心とした栄養学的リスク因子が、褥瘡発生と治癒過程の病態生理に及ぼす影響に関する前向き研究」
日本静脈経腸栄養学会研究助成(代表者)「血中アミノ酸分析を中心とした栄養学的褥瘡発生リスク因子の検討と、有褥瘡患者に対するアルギニン強化栄養療法の効果に関する前向き研究」
第12回血管カンファランス研究助成(代表者)「血管内皮細胞または血管平滑筋細胞において、carbohydrate-responsive element-binding protein (ChREBP)が動脈硬化促進に果たす役割に関する検討」
講演・口頭発表等
高血圧オンライン診療の過去・現在・未来
Author:谷田部 淳一(テレメディーズ)
Source:日本高血圧学会総会プログラム・抄録集43回 Page184(2021.10)
WithコロナやPostコロナ時代に求められるオンライン診療とその現状
Author:谷田部 淳一(テレメディーズ)
Source:日本高血圧学会総会プログラム・抄録集43回 Page138(2021.10)
コロナ禍における「これからの地域高血圧学」 コロナ禍におけるオンライン診療と高血圧地域医療の未来
Author:谷田部 淳一(テレメディーズ)
Source:日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集9回 Page72(2021.05)
健やか100年人生を目指した新たな高血圧診療の取り組み Narrative to deployment 高血圧オンライン診療の社会実装を目指して
Author:谷田部 淳一(テレメディーズ)
Source:日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集9回 Page63(2021.05)
CKD患者の血圧をゼッタイ下げる 本当に下がっているか 家庭血圧テレモニタリングとオンライン診療の実際
Author:谷田部 淳一(テレメディーズ)
Source:日本腎臓学会誌(0385-2385)62巻6号 Page505(2020.09)
オンライン診療による高血圧治療は、長期にわたり連続して実施しても安全かつ効果に優れていた(POATRAND trial)
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科), 谷田部 緑, 渡辺 大輔, 木村 しほり, 石川 透, 石田 和也, 森本 聡, 市原 淳弘
Source:日本高血圧学会総会プログラム・抄録集42回 Page268(2019.10)
エビデンスをシェアして、高血圧指導を"いいね!"にしよう
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科)
Source:日本高血圧学会総会プログラム・抄録集42回 Page198(2019.10)
-Hypertension Paradox への挑戦- ~若中年期の高血圧管理~ 未来の高血圧治療を志向するデザイン 高血圧オンライン診療
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科)
中枢性尿崩症の有無が糖尿病性腎症の予後に与える影響の検討
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科), 谷田部 緑, 石川 透, 渡辺 大輔, 森本 聡, 馬場園 哲也, 市原 淳弘
Source:日本腎臓学会誌(0385-2385)60巻3号 Page378(2018.04)
オンライン診療による高血圧治療は、長期にわたり連続して実施しても安全かつ費用対効果に優れていた(POATRAND trial)
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科), 谷田部 緑, 市原 淳弘
Source:日本内科学会雑誌(0021-5384)108巻Suppl. Page220(2019.02)eceptor(血液)
家庭血圧モニタリングとビデオ通話による高血圧遠隔診療の効果に関する無作為化前向き介入研究(POATRAND trial)の中間報告(2)
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科), 谷田部 緑, 渡辺 大輔, 佐々木 信和, 木田 可奈子, 吉田 尚弘, 関 康史, 岡田 里佳, 園生 智弘, 伊藤 恭太郎, 森本 聡, 市原 淳弘
Source:日本高血圧学会総会プログラム・抄録集41回 Page PC05-02(2018.09)
誰が壁を穿つのか 高血圧治療のアンメットニーズにTelemedicineで挑む
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科), 谷田部 緑, 春日 博文, 市原 淳弘
Source:日本高血圧学会総会プログラム・抄録集41回 Page SP2-3(2018.09)
家庭血圧モニタリングとビデオ通話による高血圧遠隔診療の効果に関する無作為化前向き介入研究(POATRAND trial)の中間報告
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科), 谷田部 緑, 渡辺 大輔, 園生 智弘, 伊藤 恭太郎, 森本 聡, 市原 淳弘
Source:日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集7回 Page220(2018.05)
胎盤栄養膜細胞において、可溶性(プロ)レニン受容体は低酸素下での好気的エネルギー産生の安定化に関与する
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科), 須田 睦士, 谷田部 緑, 遣田 美貴, 市原 淳弘
Source:日本内分泌学会雑誌(0029-0661)94巻1号 Page369(2018.04)
中枢性尿崩症の有無による糖尿病性腎症の予後に関する検討
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科), 谷田部 緑, 渡辺 大輔, 森本 聡, 馬場園 哲也, 市原 淳弘
Source:日本内分泌学会雑誌(0029-0661)94巻1号 Page311(2018.04)
高血圧難民をなくそう 都市と地方それぞれにおける遠隔診療の実際と課題を考える
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科)
Source:日本高血圧学会総会プログラム・抄録集40回 Page219(2017.10)
中枢性甲状腺機能低下症が自然軽快し、ACTH単独欠損症を呈したリンパ球性下垂体炎の一例
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科), 高野 倫嘉, 月崎 絢乃, 木田 可奈子, 谷田部 緑, 渡辺 大輔, 安藤 孝, 天野 耕作, 川俣 貴一, 森本 聡, 市原 淳弘
Source:日本内分泌学会雑誌(0029-0661)92巻S.Branc Page104(2016.12)
家庭血圧の変動性と血圧測定時の室温変動性は腎機能と関連しない
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科), 谷田部 緑, 木田 可奈子, 森本 聡, 市原 淳弘
Source:日本腎臓学会誌(0385-2385)59巻3号 Page330(2017.04)
家庭血圧測定時の室温は血圧と脈拍の変動性に関与する
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 内科学(第二)講座), 谷田部 緑, 渡辺 大輔, 安藤 孝, 森本 聡, 渡辺 毅, 市原 淳弘
Source:日本高血圧学会総会プログラム・抄録集39回 Page358(2016.09)
家庭血圧測定時の室温が、一機会に複数回測定された血圧に与える影響の検討
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 内科学(第二)講座), 谷田部 緑, 渡辺 大輔, 安藤 孝, 森本 聡, 渡辺 毅, 市原 淳弘
Source:日本高血圧学会総会プログラム・抄録集39回 Page357(2016.09)
高血圧成因としてのRAAS研究 妊娠高血圧症の成因としての組織または可溶性(プロ)レニン受容体
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 医学部内科学(第二)講座), 谷田部 緑, 森本 聡, 市原 淳弘
Source:日本高血圧学会総会プログラム・抄録集39回 Page234(2016.09)
妊娠高血圧症候群の新知見 妊娠における組織(P)RR発現とその意義
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科), 谷田部 緑, 森本 聡, 市原 淳弘
Source:日本周産期・新生児医学会雑誌(1348-964X)52巻2号 Page435(2016.06)
個人用尿中Na/K比計の利用とソーシャルネットワーキングサービスを活用した集合知の共有が減塩の行方を左右する
Author:谷田部 緑(東京女子医科大学 医学部高血圧・内分泌内科), 谷田部 淳一, 渡邊 亜美, 高野 梢, 渡辺 毅, 岩堀 敏之, 安藤 孝, 森本 聡, 市原 淳弘
Source:日本高血圧学会総会プログラム・抄録集38回 Page404(2015.10)
「進んでやる」のか「やらされる」のか 対象集団と導入法の違いが家庭血圧測定行動に与える影響とは
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 医学部高血圧・内分泌内科), 谷田部 緑, 眞田 寛啓, 渡辺 毅, 出村 さやか, 渡辺 義浩, 河内 美文, 安藤 孝, 森本 聡, 市原 淳弘
Source:日本高血圧学会総会プログラム・抄録集38回 Page393(2015.10)
高血圧とCKD(臓器障害を中心に) 食塩(または食塩感受性)とCKD
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 医学部高血圧・内分泌内科), 谷田部 緑, 眞田 寛啓, 渡辺 毅, 高野 梢, 安藤 孝, 森本 聡, 市原 淳弘
Source:日本高血圧学会総会プログラム・抄録集38回 Page308(2015.10)
Telemedicineを用いた血圧モニタリングの可能性と未来を探る 企業内クラウドと3G回線に接続したネットワーク血圧計を活用する、職場高血圧マネージメントへの取り組み
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 医学部高血圧・内分泌内科), 谷田部 緑, 渡辺 義浩, 出村 さやか, 河内 美文, 眞田 寛啓, 渡辺 毅, 安藤 孝, 森本 聡, 市原 淳弘
Source:日本高血圧学会総会プログラム・抄録集38回 Page238(2015.10)
家庭血圧と室温のテレモニタリングから明らかとなった夏季の室温上昇と腎機能低下との関連
Author:谷田部 淳一(東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科), 谷田部 緑, 木田 可奈子, 森本 聡, 渡辺 毅, 市原 淳弘
Source:日本腎臓学会誌(0385-2385)57巻6号 Page959(2015.08)
バゾプレッシン刺激によるアクアポリン2の活性化はGABAB受容体情報伝達機構により調節を受ける
Author:谷田部 淳一(福島県立医科大学 薬理学), 高野 梢, 谷田部 緑, 油井 直史, 蘇原 英誠, 内田 信一, 渡辺 毅, 木村 純子
Source:日本腎臓学会誌(0385-2385)57巻3号 Page597(2015.04)
血液透析患者のカリウム制限に着目した、食の満足度と生活の質(QOL)に関する調査
Author:谷田部 淳一(福島県立医科大学 慢性腎臓病(CKD)病態治療学講座), 寺脇 博之, 旭 浩一, 谷田部 緑, 高野 梢, 中山 昌明, 渡辺 毅
Source:日本腎臓学会誌(0385-2385)57巻3号 Page533(2015.04)
カリウム制限を要する患者に向けた低カリウムレタスの開発と臨床的安全性の検討
Author:谷田部 淳一(福島県立医科大学 慢性腎臓病(CKD)病態治療学講座), 寺脇 博之, 旭 浩一, 谷田部 緑, 高野 梢, 中山 昌明, 渡辺 毅
Source:日本腎臓学会誌(0385-2385)57巻3号 Page533(2015.04)
所属学協会
特定非営利活動法人 福島医療・ヘルスケアICT研究会 理事
まずは、無料相談